デイリータッチケアとは?

 

たとえば だれかに あたまをポンポンと なでられたり、

 

つらい時に 背中を さすってもらったり・・・

 

それだけで心がほっと温かくなった経験はありませんか?

 

 

「デイリータッチケア」とは・・・

 

日常的なふれあいの中で、相手のこころとからだをケアしていく「手当て」の方法です。

 

基本的な手技としては、

 

手のひらをぴったりと密着させ、一定のゆっくりしたリズム(秒速5cm)で

 

心臓から遠い方向に向かって優しく撫でていきます。

 

 

また、「抱っこをする」「添い寝をしながらトントンする」

 

「お風呂でからだを素手で洗う」等の

 

日常のお世話の中でのスキンシップも デイリータッチケアのひとつです。

 

 

大切なことは、手技のやり方や順番などではなく、

 

自分の頭を空っぽにし、

 

「相手のからだと こころに意識を向けながら触れる」ということです。

 

 

 

◆デイリータッチケアの特徴や効果については、コチラをご覧ください。

 

 

デイリータッチケアの実践例

Ohanaでは、赤ちゃんだけでなく、

幼児~大人まで全ての世代の方たちにできる

デイリータッチケアをお伝えしています。

 

 

<着衣の上から行う「背中のタッチケア」>

 

①背骨の周りには神経が集中していますので、
背骨に沿ってゆ~っくりと

(1秒間に5cm動く速さが最適)
上から下に向かって撫でさすってあげると、
気持ちが落ち着いてきます。


 

②次に、肩甲骨を外側に開くように、

両掌で大きくらせんを描きながら
背中全体をクルクルクル・・・とマッサージしていきます。


背中全体が温まり、筋肉の緊張がほぐれてきます。

③手首のスナップをきかせて、両手の指のはらで

背中全体をトントントン…とタッピングします。

 

(背骨の上は、大切な神経が通っているので刺激しない)

 

リズミカルなタッピングの刺激は、神経を鎮める作用があるといわれています。

 

 

 

④左右の肩甲骨と肩甲骨の間には「呼吸の神経」が通っています。


ここに片手の手のひらをぴったりと当てて、クルクルと円を描くようにゆっくり撫でさすります。深い呼吸ができ、リラックスします。

 

 

 

「たったこれだけ・・・?」と思われるかもしれませんが、

実際に 自分がタッチケアを受けてみると、

 

グイグイと押したり、揉まれたりするマッサージとは

また違って、 何かに包まれているような

とても温かく ホッとした気持ちになることができます。

 

 

心地よいタッチケアのポイントは、

 

①手のひらを密着させて ②一定のゆっくりしたリズムで ③心臓から遠い方に向かって

 

触れていくこと。

 

 

「大好きだよ 」と言葉で伝えるのが、お互いに恥ずかしい年頃のお子さんにも


温かい手で触れてあげることで


愛情を伝えることが出来
るのが「デイリータッチケア」なのですね。

 

~ポイントを覚えれば、何歳までも「タッチケア」はできます~

 

 

お問合せ

✉ohana.ishii@gmail.com


■メールは24時間受付中


■対応:平日9時~17時


 

※当HPに掲載されているすべての内容(文章・写真等)の無断転載を固くお断りします。

一部引用したい場合には、必ず事前に申請してください。その場合、必ずリンクを貼り、引用元を明らかにしてください。

      タッチケアスクール「Ohanaオハナ」